交通事故直後にやるべきこと:症状固定とは

交通事故に遭って負ってしまった怪我があらゆる治療を施しても完治しない場合があります。
そういった場合には何らかの後遺症が残り、半永久的に治療が継続する可能性が高くなりますが、
その治療期間の過程の中ではこれ以上治療を施しても、これ以上症状が改善することが望めないという瞬間が訪れるのです。
その瞬間のことを症状固定と呼び、その時点までにかかった治療費や残った後遺症の症状などを基準にして、
その交通事故の損害賠償金の具体的な金額が決められることになります。

一般的には症状固定に至る期間が短ければ短いほど損害賠償金の金額が少なくなるので、
加害者が加入している自動車保険会社の専任スタッフは被害者に対して症状固定にすることを急かしてくることが多いです。
しかし症状固定は加害者側の専任スタッフに促されて決めるというものではありません。
実際にこれ以上治療を受けても症状が改善する見通しがないことを、実際に治療を行っているお医者さんが決めることになります。

出来るだけ怪我の症状に応じた金額の損害賠償金を受け取るためにも症状固定のタイミングは、
加害者側の専任スタッフの意見に惑わされることなく、お医者さんと相談しながら慎重に決めることが必要です。
交通事故の損害賠償金の多くを占めるのが、その交通事故で負った怪我に対する精神的な苦痛をお金に換算した慰謝料になります。
この慰謝料の金額の決め方は症状固定した時点で残った後遺症が、医学的に後遺障害に認定されるかどうかによって変わってくるのです。

後遺症が後遺障害に認定され症状に応じた等級がつけば、その等級に応じた後遺障害慰謝料が損害賠償金の一部として支払われることになります。
しかし後遺症が後遺障害として認められなかった場合は、
症状固定するまでに通院した日数や入院した日数で金額が決まる入通院慰謝料が損害賠償金の一部として支払われることになるのです。
入通院慰謝料の金額は症状固定のタイミングで大幅に変わってくるので、やはり慎重に決める必要があります。